配管は水道工事で対応を

水道工事が必要になってくるのは、簡単に修理ができないからです。少々知識がある人であれば、見えるところは直そうと考えるでしょう。しかし、配管に関して言えば、見えるところには通っていません。見えないところにあるからこそ、トラブルになると発見が遅れ、被害が広がってしまうことが予測できます。

■さまざまな配管は見えないように配置する

家庭内にあるさまざまな設備は、配管というかたちで接続していきます。設計の段階から隠れるように通していくことになりますが、インテリアの問題もありますし、部屋の温度の調節といったことからも、できるだけ見えない位置に持っていくのが基本です。壁の中や床下、天井裏といったところに通していくため、トラブルが起きても気が付きにくく、修理も容易にはできません。




■外からは内部はわからない

プロに水道工事の依頼をする理由として、素人では外観からの劣化は判断しにくいところもあるでしょう。配管の内部は見ただけでは分かりません。専門業者であれば、これまでの工事経験から予測することもできますし、ファイバースコープを使って検査するといった方法も取れます。トラブルを未然に防ぐメンテナンスにも対応できるのですから、最初からプロに依頼することが賢明でしょう。



■まとめ
実際に配管が見えないことで、冬場に凍結して破損していたことに気が付かなかったといったケースもあります。あとから大きな問題になってきてしまうことも出てきますので、配管の修理やメンテナンスに関しては、プロに依頼するのがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ